開発ブログ

[リリース] Kinza5.5.0(windows 版) を公開しました


こんにちは、Kinza 開発チームです。

本日2019年5月16日付けで、Kinza のアップデート版となる Ver5.5.0を公開致しました。最新版のダウンロードは、以下リンク先よりお願い致します。

今回のリリースは、Windows 版のみとなります。Mac 版は後日、リリース予定です。もうしばらくお待ちください。

[更新内容]

  • 新しいタブページにおいて、背景を変更したときの問題を修正 (thanks kinzaomigoto さん)
  • 新しいタブページにおいて、外国語ロケールのときの問題を修正 (thanks mikino さん)
  • Chromium のメジャーバージョンアップおよび、その後のマイナーアップデートに対応 ( 73.0.3626.103 → 74.0.3729.157 )

今回のアップデート内容は主に、不具合の修正、そして、ベースとしている Chromium のバージョンアップへの対応になります。

Kinza 5.5.0のベースとなるChromium 74 では、様々な修正、機能追加がおこなわれています。その中でユーザの皆様に影響がありそうなのは、Private class fields でしょう。Chrome 72より、ECMAScriptの新しいpublic class fields が導入されました。クラスフィールドは、インスタンスプロパティを定義するためだけにコンストラクタ関数を使用する必要がなくなるため、クラスの構文が容易になります。今回、追加された、Private class fields では、フィールドを非公開としてマークでき、そのクラスの利用者はその値にアクセスできなくなります。フィールドを非公開としてマークするには、先頭にポンド記号(#)を付けます。パブリッククラスフィールドと同様に、プロパティはコンストラクタ内にある必要はありません。

Kinza 5.5.0では、新しいタブページにおける問題をいくつか修正いたしました(まだ修正が終わってないものもあります。もうしばらくお待ち下さい。すみません)。
その他、Kinza 5.5.0では更新内容以外にも、いくつかの不具合の修正もおこなっております。ご利用のユーザーの皆様には是非アップデートの方をお願いできればと存じます。

以上、今後とも何卒宜しくお願い致します。

Kinza開発チーム一同