Kinza 利用規約
第1条(規約の適用)
 この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、Dayz株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するWebブラウザKinza(以下「本ソフトウェア」といいます。)を利用する者(以下「ユーザー」といいます。)に対して適用されます。
第2条(規約への同意)
  1. ユーザーは、本ソフトウェアをダウンロードし、これをコンピュータ上で実行した時点で、本規約の全ての内容に同意したものとみなします。本規約に同意しない場合には、ダウンロードした本ソフトウェアに関する全てのファイルを廃棄してください
  2. ユーザーが、未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、親権者、後見人、保佐人または補助人の同意又は承認が必要な場合は、それらの者から、本ソフトウェアの利用に関して、事前に同意または承認を得てください。
第3条(使用許諾)
 当社は、ユーザーに対し、ユーザーが本ソフトウェア利用規約の条項の全てに同意することを条件に、本ソフトウェアを使用するライセンスを無償で非独占的に許諾します。
第4条(使用許諾の範囲)
  1. ユーザーは営利目的の有無を問わず、本ソフトウェアを使用することができます。ただし、本ソフトウェアから直接利益を得る形の使用をすることはできません。
  2. ユーザーは、当社が別途指定する仕様を満たすコンピュータに本ソフトウェアのコピーをインストールして使用することができます。
  3. 本規約は、本ソフトウェアのサブライセンスを付与するものではありません。
  4. ユーザーは、本ソフトウェアを再頒布することができます。但し、第5条に定める条件に従う必要があります。
第5条(再頒布)
  1. ユーザーは、以下の各号に定める条件に従う場合に限り、本ソフトウェアをユーザーの運営するWebサイトにおいて再頒布することができます。
    1. 当社の運営する1次配布サイト(https://www.kinza.jp)(以下「公式サイト」といいます。)より入手した本ソフトウェアのアーカイブを一切改変しないこと
    2. 前号記載の公式サイトのURLを再頒布するサイト上に明記すること
    3. 再頒布する本ソフトウェアのバージョンを示すこと
  2. 前項の規定にかかわらず、ユーザーは、当社より要請があった場合は、速やかに再頒布を中止し、その後当社からの許諾なくして、本ソフトウェアを再頒布することはできません。
  3. 前項に基づき当社よりユーザーに対し本ソフトウェアの再頒布の中止要請があった場合においても、ユーザーは当社の要請に対して理由の如何を問わず、一切不服申立てをしないことに同意します。
第6条(禁止事項)
  1. ユーザーは、本ソフトウェアの全部または一部に対して、改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブルなどの解析作業や改変行為を一切行ってはなりません。
  2. ユーザーは、前項の方法またはそれ以外の方法で、本ソフトウェアのソースコードの抽出または派生物の作成を試みてはなりません。
  3. ユーザーは、本ソフトウェアの画面上に表示され、または本ソフトウェア中に含まれている当社または第三者の商標権または著作権の表示を、除去または破棄してはなりません。
  4. ユーザーは、本規約、及び関連する法域において適用される法律、政令、省令、規則、ガイドライン、一般に認められている慣行上及びガイドライン等(日本国またはその他の関係国へのまたはそれらに対する、データまたはソフトウェアの輸出に関する法律を含みます。)により許された目的以外に、本ソフトウェアを利用してはなりません。
  5. ユーザーは、本ソフトウェアを使用して、以下の各号に定める行為をしてはなりません。
    1. 法令に違反する行為および違反する行為を幇助・強制・助長する行為
    2. 人の生命・身体または財産に重大な危険をおよぼすおそれのある設備などを制御するためなどに本ソフトウェアを利用すること
    3. 他人の名誉、社会的信用、プライバシー、肖像権、パブリシティ権、著作権その他の知的財産権、その他の権利を侵害する行為(法令で定めたものおよび判例上認められたもの全てを含みます。)
    4. 対価を受ける目的で本ソフトウェアを自ら利用し、または第三者に利用させること本ソフトウェアまたは本ソフトウェアに接続されているサーバおよびネットワークを妨害、中断させる行為
    5. 合理的に必要相当な数を超える利用、乱用などを行い、または、本ソフトウェアの使用について当社が定める指示などを順守しない用法で本ソフトウェアを利用すること
    6. 目的の如何を問わず、本ソフトウェアを販売、賃貸、使用許諾する行為(但し、第5条に従った再配布は除きます。)
    7. 公序良俗、一般常識に反する行為
    8. 本ソフトウェアを提供する目的に外れた態様で本ソフトウェアを利用したり、当社が不適当とみなした方法・態様で本ソフトウェアを利用すること
    9. その他上記各号に準じる行為
第7条(本ソフトウェアを通じたコンテンツ)
  1. 本ソフトウェアの一環として、または本ソフトウェアの使用を通じてユーザーがアクセスできるデータファイル、文書、コンピュータソフトウェア、音楽、オーディオファイルまたはその他のサウンド、写真、動画またはその他の画像などのすべての情報は、当該コンテンツを発信した個人が単独で責任を負うことにつき、ユーザーは同意するものとします。以下、上記のすべての情報を「本コンテンツ」と呼びます。
  2. 本ソフトウェアにインストール可能なアドオンは、特に明記されていない限り、当社以外の第三者の法人または個人によって作成され、当社やGoogle Inc.社 によって便宜的に紹介、提供されているものです。当社では個別に品質保証を行っておらず、ご利用されたことによる損害についていかなる責任も負いません。ご自身の責任においてご利用ください。アドオンに関するご意見やご質問は、それぞれの作者までお願いいたします。
  3. 本ソフトウェアの一環として提供される本コンテンツ (本ソフトウェア内の広告やスポンサー付き本コンテンツを含み、これらに限定されない) は、その本コンテンツを 当社に提供しているスポンサーまたは広告主、あるいはその代理を務める個人または企業が所有する知的所有権により保護されている場合があることを、ユーザーは認識するものとします。ユーザーは、本コンテンツを修正、賃貸、リース、貸出、販売、配布し、または本コンテンツ (全部もしくは一部のいずれか)に基づく二次的著作物を作成することはできません。ただし、当社または本コンテンツの権利者とユーザーとの間で個別の契約を締結し、当社または権利者から許諾を受けた場合は除きます。
  4. ユーザーは、本ソフトウェアを利用することにより、不快、猥褻、または好ましくないと思われる本コンテンツにさらされる可能性があること、およびこの点につき、ユーザーが自己の危険負担により本ソフトウェアを利用することを理解するものとします。
  5. ユーザーは、本ソフトウェアを利用する過程でユーザーが作成、送信または表示する本コンテンツやユーザーの行動の結果で発生する損失や損害(当社が被る可能性がある損失または損害を含む) について、ユーザーが単独で責任を負うこと (および 当社 がユーザーや第三者に対して責任を負わないこと) に同意するものとします。
第8条(ユーザーによるコンテンツ)
 本ソフトウェアを通じてユーザーが提出、投稿、または表示するコンテンツについてユーザーが既に取得されている著作権およびその他の権利は、ユーザーが引き続き保持するものとします。
第9条(知的財産権)
  1. 本ソフトウェアの特許権、著作権その他一切の権利は、オープンソース・ソフトウェアを除き、権利の登録の有無や権利の存在する場所にかかわらず全て当社に帰属します。
  2. ユーザーは、本ソフトウェアが、当社 が機密と指定した情報を含む場合があること、および、事前に当社の書面による同意を得ることなく、かかる情報を開示してはならないことに同意するものとします。
  3. ユーザーは、本ソフトウェアの利用を通じてユーザーが視聴する動画(映像・音声・文章・写真を含みますがこれに限られません。以下同じ。)が、著作権、商標権、特許権または他の知的財産権および法律により保護されていることを認めます。
  4. ユーザーが別途当社と書面で合意した場合を除き、本規約のいかなる規定も、当社 の商号、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、およびその他の識別性を有するブランドの特徴のいずれかを使用する権利をユーザーに付与するものではありません。
第10条(オープンソース・ソフトウェアの利用・開発)
  1. 本ソフトウェアは、当社が下記に定めるオープンソース・ソフトウェアを利用して開発したWebブラウザであり、第三者が開発したオープンソースコードが含まれています。各オープンソース・ソフトウェアの利用規約の内容と本規約の定める内容が異なる場合は、当該オープンソース・ソフトウェアの取り扱いについては、各オープンソース・ソフトウェアの利用規約が優先するものとします。また、ユーザーは、オープンソース・ソフトウェアに関する利用については、末尾記載の利用条件を遵守するものとします。

    ・Chromium: http://www.chromium.org

  2. ユーザーが本ソフトウェアに含まれたオープンソース・ソフトウェアを利用する場合は、各オープンソース・ソフトウェアの利用規約を自己の責任でこれを遵守するものとし、当社に一切の損害を与えないこと、また、万一当社に損害を与えた場合は損害すべてを補填するものとします。
第11条(無保証)
  1. ユーザーによる本ソフトウェアの利用はユーザー自身の責任と危険負担によるものであり、かつ本ソフトウェアが「現状有姿」および「提供可能な範囲」で提供されることを理解し、これに同意するものとします。
  2. 当社は本ソフトウェアについて、エラーやバグ、論理的誤り、不具合、中断その他の瑕疵(かし)がないこと、信頼性、正確性、完全性、有効性について一切保証しておりません。本ソフトウェアは明示または黙示の保証の有無にかかわらず、当社がその提供時において保有する状態で提供するものであり、特定の目的への適合性、有用性(有益性)、セキュリティ、権原および非侵害性について一切保証しておりません。
  3. ユーザーは、本ソフトウェアが、直接または間接的にユーザーに損害を生じさせても、当社が一切の責任を負わないこと、また、機器や媒体が原因の損害につきましても、当社が一切の責任を負わないことを明示的に理解し、これに同意します。
  4. ユーザーは、本ソフトウェアを利用したことまたは利用できないこと、本ソフトウェアを用いてダウンロードした動画等を視聴したことまたは視聴できないことおよび本規約に違反したこと等から生じる一切の損害について自ら責任を負い、当社に対して補償、求償その他一切の請求をしないことに同意します。
  5. 当社は、本ソフトウェアについて、アップグレードや不具合の修正など、いかなる義務も負わないことを理解し、これに同意するものとします。
  6. ユーザーの本ソフトウェアの利用に関連して、当社と第三者との間で問題が発生し、当社が第三者よりクレーム、裁判外の何らかの請求、訴訟提起、調停申立てをされた場合または第三者の申立てに基づき、当社に対し裁判所による仮差押え決定、仮処分決定その他何らかの法的措置がなされた場合、ユーザーは、当社から要請があれば、自らの責任と費用負担によりこれを解決し、当社に一切迷惑を掛けてはなりません。万一、当社が損害(弁護士費用、裁判上および裁判外における和解金の支払いを含みますがこれに限られません。)を被った場合は、ユーザーはこれをすべて補償しなければならないことに同意します。また、当社より協力要請や指示があった場合には、ユーザーの費用負担で速やかに応じなければなりません。
  7. ユーザーは、本ソフトウェアの利用によりユーザーと第三者との間に問題が生じた場合には、直ちにその内容を報告します。報告後も、当社から要請があった際には、問題の状況、結果等、当社が要望する事項を、逐一報告します。
  8. 本ソフトウェアの利用により発生した通信料について、ユーザーと第三者との間で争いが生じた場合、当社は、一切責任を負いません。
  9. 当社は、本規約に他のユーザーが違反したことによりユーザーに生じた損害について、一切責任を負いません。
  10. 当社は、ユーザーに対し提供元サイトの動画を薦めているわけではなく、これらを利用または信頼したことから生じたいかなる損害に対しても、一切責任を負いません。
第12条(広告)
  1. 本ソフトウェアより提供されるサービスの一部には、広告収入によってサポートされているものもあり、広告や販促プログラムが表示される場合があります。これらの広告は、本ソフトウェア上に保存される情報の内容、または本ソフトウェアを介して行われたクエリ、またはその他の情報を対象とすることがあります。
  2. 本ソフトウェア上の当社による広告の様式、形態および範囲は、ユーザーに対し特定の通知を行うことなく変更されることがあります。
第13条(本ソフトウェアの更新)
本ソフトウェアは、更新用のデータまたはプログラムを適宜当社のウェブサイトからダウンロードしてインストールすることがあります。これらの更新は、本ソフトウェアを改善、強化、およびさらに開発するために行われるものであり、バグの修正、拡張機能、新しいソフトウェアモジュール、完全に新規のバージョンという形をとることがあります。ユーザーは、ご自身による本ソフトウェアの利用の一環として上記更新を受け取ること(および 当社が上記をユーザーに提供することを許可すること) に同意するものとします。
第14条(プライバシー)
 本ソフトウェアは、個人を特定することができるデータを取得することはありませんが、本ソフトウェアの利用について質問、意見等があり、当社にご連絡頂く場合は、ユーザーの個人情報の開示を求めることがあります。その際に当社がユーザーより開示を受けた個人情報については、当社のウェブサイト上( http://www.dayz.jp/privacypolicy/)に表示するプライバシーポリシーの定めに従って取り扱うものとします。
第15条(本ソフトウェアの提供)
  1. 本ソフトウェアの内容は、当社がその時点で合理的に提供可能なものとします。当社は、理由を問わず、本ソフトウェアの内容の一部または全部の変更、追加または廃止をすることができます。
  2. 当社は、ユーザーに事前に通知することなく、本ソフトウェアの提供を中断または終了することがあります。
第16条(本ソフトウェアの利用に必要な機器等)
 ユーザーは、本ソフトウェアの利用にあたり、自己の費用と責任において、通信機器・ソフトウェア・公衆回線等、ユーザー側設備として必要なもの全てを用意してください。また、本ソフトウェア利用に支障をきたさないよう、これらの設備を自己の責任において維持管理してください。
第17条(通信の秘密)
 当社は、電気通信事業法第4条に基づき、ユーザーの通信の秘密を守るものとします。
第18条(当社との関係の終了)
  1. 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合、いつでも当社とユーザーとの間の本規約を終了させ、本ソフトウェアに関する当社とユーザーとの間の法律関係を終了する権利を有するものとします。
    1. ユーザーが本規約のいずれかの規定に違反した場合 (または本規約の規定に従う意思がないまたは従うことができないことを明確に示す方法で行動した場合)。
    2. 当社が法律により終了させる義務を負う場合 (例えば、ユーザーに対する本ソフトウェアの提供が違法である、または違法となる場合)。
    3. 当社が、ユーザーが居住、もしくはサービスを利用している国のユーザーに対する本ソフトウェアの提供の中止を決めた場合。
    4. 当社が本ソフトウェアを提供することが、商業的に可能でないと判断した場合。
  2. 本規約が終了した場合、ユーザーおよび当社が享受し、適用を受けた(もしくは本規約が有効であった間に発生した)または無期限に継続すると明示されたすべての法的権利、義務および債務は、上記終了により影響を受けないものとし、かつ、第6条、第7条、第9条、第11条、第18条、第20条、第21条及び第22条の規定は、本規約終了後も引き続き期間の定めなく効力を有する。
第19条(規約の変更)
 当社は、ユーザーの了解を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合に、本ソフトウェアの利用条件は、変更後の本規約によります。変更後の本規約は、当社が別途定める場合を除き、当社のウェブサイト上(https://www.kinza.jp/terms/) に表示した時点より、効力を生じます。ユーザーは、定期的に最新版の本規約を確認するようにしてください。
第20条(最新バージョン以外の本ソフトウェアをインストールした場合)
 当社が配布又は第三者が第5条第1号にしたがって再頒布している最新バージョンではない本ソフトウェアをユーザーがインストールした場合は、ユーザーは、当該本ソフトウェアの利用については、当該本ソフトウェアのインストールの際に表示されるKinza利用規約ではなく、当社のウェブサイト上(https://www.kinza.jp/terms/)に表示される最新の本規約が適用されることに同意したものとみなします。
第21条(分離可能性)
 本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの部分は、継続して完全な効力を有するものとします。
第22条(準拠法)
 本規約に関する準拠法は、日本法とします。
第23条(管轄裁判所)
 当社とユーザーは、本規約に関連する紛争について、その訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
※オープンソース・ソフトウェアの利用条件
・Chromiumについて
Copyright 2016 The Chromium Authors. All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:
* Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.
* Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
* Neither the name of Google Inc. nor the names of its contributors may be used to endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT OWNER OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

制定 2014年5月20日
改訂 2015年12月21日
改訂 2016年3月18日
以上